すい臓がんの特徴

すい臓がん

すい臓のまわりには、重要な臓器があります。
血管が多くあります。ですから、すい臓がんは、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです。
すい臓がんはかつて、日本ではあまりみられませんでした。
しかし、食生活の変化によって、
すい臓がんそのものの発生数が増えています。
慢性肝炎や膵石症、
あるいは糖尿病などの関係があるとみなされるようになっています

すい臓がんの特徴

すい臓がんの特徴

すい臓がん症状は、腹痛、体重減少、
黄疸などの症状が特徴的です。
また悪寒や嘔吐、下痢、便秘なども多く見られます。

その原因は不明ですが、喫煙、飲酒の習慣があり、
また脂っこい食事を好む40〜70歳代
の人に発病する傾向があると言われています。

すい臓は、胃、十二指腸、肝臓、脾臓、胆のうといった、
多くの臓器や門脈と呼ばれる
大きな血管に隣接しているため、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです

現在でも、日本では毎年2万人以上、
このすい臓がんで命を失っています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。