がんに関するニュース

ルーキー・金刃憲人投手

23日夜にすい臓がんのため死去した巨人の希望枠ルーキー・金刃憲人投手(22)=立命館大=の母・裕美さん(享年54)の通夜が25日、兵庫県尼崎市内の斎場でしめやかに営まれた。
 最愛の母はもういない-。金刃の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。「がんになってからも心配してくれたし、朝早くお弁当を作ってくれたりもして…」。数々の思い出が脳裏を駆け巡る。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000012-dal-base

がんに関するニュース

損賠訴訟:子宮がんで女性死亡、医療法人の過失認める−−地裁が賠償命令

◇3800万円の賠償命令
子宮がんで死亡した福岡市の女性(当時29歳)の夫と長男が、診察した診療所を経営する医療法人「愛育会渡辺産婦人科クリニック」(渡辺忠義理事長)を相手取り、約7850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、福岡地裁であった。野尻純夫裁判長は、診断時に子宮がんの検診を怠った過失と死亡との因果関係を認め、医療法人側に約3840万円の支払いを命じた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000246-mailo-l40

がんに関するニュース

<大腸がん>検診受けると…死亡する率半分に

検便による大腸がん検診を受けると、大腸がんで死亡する率が半分程度に下がると推測されるとの調査結果が厚生労働省研究班(担当研究者=井上真奈美・国立がんセンター予防研究部分析疫学室長)の4万人規模の調査で出た。米国の専門誌に13日、論文が掲載された。
 今回の研究では90年に、岩手、秋田、長野、沖縄県に住む40歳から59歳の男女約5万4000人にアンケートし、過去1年以内に、便潜血検査(便に混じった血の有無を調べる検査)による大腸がん検診を受けたかを聴いた。
 回答した約4万2000人を、03年まで追跡調査。検診を受けていた約7000人は、受けていなかった約3万5000人に比べて、大腸がんで死亡した率が7割ほど低かった。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000056-mai-soci

がんに関するニュース

DNA修復 助ける酵素

放射線などで切断、欠損したDNAの初期段階の修復に重要な役割を果たす酵素を、京都大医学研究科の武田俊一教授、園田英一朗助教授らのグループが確認した。がん治療の効率化につながる知見という。米科学誌「モレキュラーセル」で10日、発表した。
 ■初期段階で働き
 武田教授らは、酵母のDNA複製時に補助的に働く酵素「UBC13」の機能を、ニワトリのリンパ球を用いて調べた。
 UBC13がない細胞は、切断されたDNAの修復に2倍以上の時間がかかり、放射線照射で死滅する確率が高かった。修復するためのタンパク質が切断部に集まらなくなっており、修復の初期の段階で働いていることが分かった。人の細胞でもDNAの修復能力が低下することを確かめた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000009-kyt-l26

がんに関するニュース

乳がん治療

乳がん手術後の体調管理や、乳がん治療について医師ら専門家が話す「乳がんセミナーin滋賀」が10日、守山市のJR守山駅前のRise ville都賀山(ライズヴィルつがやま)で開かれる。心身ともにリラックスできるリハビリ方法などを知ってもらい、より快適な暮らしを目指す。乳がん専門医ら医師7人も出席して疑問に答える。
 つづきはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000240-mailo-l25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。