すい臓がん予防

すい臓がんの検診

すい臓がんの検診は主に以下にようになります。

1超音波検査:最初に行われる検査。
腫瘍や拡張した膵管を探す。

2CT検査:診断で中心となる検査。
腫瘍の有無や進展、膵管の拡張状況を確認する。
 
3MRCP:MRIを応用したもの。
胆管と膵管を詳しく調べることができる。

4ERCP:胆管と膵管に造影剤を入れて、
X線撮影する検査。

5腫瘍マーカー:CA19-9というマーカーがよく使われ、
すい臓がんがある場合には高い数値になることが多い。

すい臓がん予防

すい臓がん転移のルート

血液からの転移・・・・・門脈を通して肝臓や肺・最終的に骨・腎臓・脳へ
リンパからの転移・・・・腹膜播種や十二指腸など
浸潤による転移・・・・・十二指腸・横行結腸・総胆管・門脈・脾静脈へ

タバコを一日10〜20本喫煙し肉食が好きな人が、黄疸が出てきて糖尿病といわれた方

病院の血液検査で、アミラーゼが高いとされた方
   
子宮筋腫や、卵巣手術を受けた女性が、数年後に上腹部背部痛が出るようになった方

アルコール多飲者が急激に食欲なくなり、体重が減った方

すい臓がんにかかる危険性の高い人です

すい臓がん予防

すい臓がん予防

すい臓がんの検査には、血液検査、画像検査、
内視鏡検査、などがありますが国立がんセンターでは、

1滴の血液で、
すい臓がんを発見できる診断法があります。

その内容は、
すい臓がんの患者の血液に含まれる4種類
のたんぱく質量が微妙に変化していることから、
これをがん診断の指標にしています。

早期がんも含めて90%
以上の高精度で判別ができます。

また日常的にキノコ類を取るとがんの予防や術後の再発防止
にある程度の効果が期待されます。(シイタケからのレンチナン、
スエヒロタケからのシゾフィランなどががん治療薬として患者に
注射されます。)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。