がん

がんは遺伝子の病気

人間の体は60兆個の細胞から成り立っていると言われています、
たくさんの情報が書かれた「DNA」が各細胞の核の中にます、
このDNAに書かれた情報のひとつひとつを「遺伝子」といいます。

 がんとは、正常な細胞の遺伝子が変異を起こして、
がん細胞に変わり、細胞増殖のコントロールがきかなくなって、
勝手に増え続けてしまう病気です。

 現在、がんの種類は200種くらい発見されています。
細胞のがん化は遺伝子に異常が生じることで起きますが、
親から子へ受け継がれる遺伝性の病気とは違います。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(0) | がん

がん

がんの痛み

がんの痛みは患者さんによってさまざまです。
初期から痛みを感じる人もいれば、病状が進んでも
あまり感じない人もいます。

がんの痛みは侵害受容性疼痛と神経因性疼痛の両者が
関係していますが多くは前者といわれています。

がんの痛みの特徴は、完治しない慢性的な痛みであり、
安定期はなく進行に伴って増悪する。
複数の痛みがあって、食欲不振、倦怠感、不眠、呼吸困難など他の症状も伴う。
告知の有無に関わらず、不安や怒りなどの心理要因が随伴します。

末期のがん患者の約70%は主症状として痛みを体験する。
持続性の痛みが大半を占め、その痛みの50%はかなり強く、30%は耐え難い痛みで、
80%の患者は複数の痛みを抱えています。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(0) | がん

がん

がん

がんになる人の確率は江戸時代には8,000人に1人と言われていました。
20年前には10人に1人、現在は約3.5人に1人と驚異的に増えています。
毎年46万人の人が新たにがんにかかっています。
がんはいつ誰がかかっても不思議ではない病気となり、
日本の死亡原因の第1位になっています。


がん治療には現在、外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、
放射線療法が三大治療法として行なわれています。
現在第四の療法と言われる「免疫療法」が注目されている。

免疫細胞治療とは、
身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やしたり、
機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療で、
副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(1) | がん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。