がん

がんは遺伝子の病気

人間の体は60兆個の細胞から成り立っていると言われています、
たくさんの情報が書かれた「DNA」が各細胞の核の中にます、
このDNAに書かれた情報のひとつひとつを「遺伝子」といいます。

 がんとは、正常な細胞の遺伝子が変異を起こして、
がん細胞に変わり、細胞増殖のコントロールがきかなくなって、
勝手に増え続けてしまう病気です。

 現在、がんの種類は200種くらい発見されています。
細胞のがん化は遺伝子に異常が生じることで起きますが、
親から子へ受け継がれる遺伝性の病気とは違います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。