すい臓がんの特徴

すい臓がんの特徴

すい臓がん症状は、腹痛、体重減少、
黄疸などの症状が特徴的です。
また悪寒や嘔吐、下痢、便秘なども多く見られます。

その原因は不明ですが、喫煙、飲酒の習慣があり、
また脂っこい食事を好む40〜70歳代
の人に発病する傾向があると言われています。

すい臓は、胃、十二指腸、肝臓、脾臓、胆のうといった、
多くの臓器や門脈と呼ばれる
大きな血管に隣接しているため、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです

現在でも、日本では毎年2万人以上、
このすい臓がんで命を失っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35800870
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。