がん

がんの痛み

がんの痛みは患者さんによってさまざまです。
初期から痛みを感じる人もいれば、病状が進んでも
あまり感じない人もいます。

がんの痛みは侵害受容性疼痛と神経因性疼痛の両者が
関係していますが多くは前者といわれています。

がんの痛みの特徴は、完治しない慢性的な痛みであり、
安定期はなく進行に伴って増悪する。
複数の痛みがあって、食欲不振、倦怠感、不眠、呼吸困難など他の症状も伴う。
告知の有無に関わらず、不安や怒りなどの心理要因が随伴します。

末期のがん患者の約70%は主症状として痛みを体験する。
持続性の痛みが大半を占め、その痛みの50%はかなり強く、30%は耐え難い痛みで、
80%の患者は複数の痛みを抱えています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35564856
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。