がん

がん

がんになる人の確率は江戸時代には8,000人に1人と言われていました。
20年前には10人に1人、現在は約3.5人に1人と驚異的に増えています。
毎年46万人の人が新たにがんにかかっています。
がんはいつ誰がかかっても不思議ではない病気となり、
日本の死亡原因の第1位になっています。


がん治療には現在、外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、
放射線療法が三大治療法として行なわれています。
現在第四の療法と言われる「免疫療法」が注目されている。

免疫細胞治療とは、
身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やしたり、
機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療で、
副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35371143
この記事へのトラックバック
素晴らしいですね!東宝。「小児がん 子どもたち励まそうとドラえもんの新作映画 」
ドラえもんが小児がんと戦う子供を励ます!! なんて素晴らしいんでしょうね!東宝には敬意を表します。 こんな素晴らしい取り組み。子供たちに生きる希望を持たせる一躍になりそうな感じです。 素敵なニュ..
ブログ名「ドラえもん」ファンの娘!お父さんの子育てブログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。