すい臓がん予防

すい臓がん予防

すい臓がんの検査には、血液検査、画像検査、
内視鏡検査、などがありますが国立がんセンターでは、

1滴の血液で、
すい臓がんを発見できる診断法があります。

その内容は、
すい臓がんの患者の血液に含まれる4種類
のたんぱく質量が微妙に変化していることから、
これをがん診断の指標にしています。

早期がんも含めて90%
以上の高精度で判別ができます。

また日常的にキノコ類を取るとがんの予防や術後の再発防止
にある程度の効果が期待されます。(シイタケからのレンチナン、
スエヒロタケからのシゾフィランなどががん治療薬として患者に
注射されます。)
この記事へのコメント
きのこ類ですと一時アガリクスがはやりました。いまじわじわと「抗がん作用」で注目をあびつつあるのが「フコイダン」です。
フコイダン研究太郎
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
免疫力でがんを治す過程では治癒反応が起こる(2)
発熱による体のだるさや節々の痛み、下痢、せき、血便、血尿などの症状は、「治癒反応...
ブログ名フコイダンって? がんにも効果があると話題の健康食品フコイダンのすべてがわかる!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。