すい臓がん予防

すい臓がんの検診

すい臓がんの検診は主に以下にようになります。

1超音波検査:最初に行われる検査。
腫瘍や拡張した膵管を探す。

2CT検査:診断で中心となる検査。
腫瘍の有無や進展、膵管の拡張状況を確認する。
 
3MRCP:MRIを応用したもの。
胆管と膵管を詳しく調べることができる。

4ERCP:胆管と膵管に造影剤を入れて、
X線撮影する検査。

5腫瘍マーカー:CA19-9というマーカーがよく使われ、
すい臓がんがある場合には高い数値になることが多い。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。