すい臓がん予防

すい臓がんの検診

すい臓がんの検診は主に以下にようになります。

1超音波検査:最初に行われる検査。
腫瘍や拡張した膵管を探す。

2CT検査:診断で中心となる検査。
腫瘍の有無や進展、膵管の拡張状況を確認する。
 
3MRCP:MRIを応用したもの。
胆管と膵管を詳しく調べることができる。

4ERCP:胆管と膵管に造影剤を入れて、
X線撮影する検査。

5腫瘍マーカー:CA19-9というマーカーがよく使われ、
すい臓がんがある場合には高い数値になることが多い。

がんに関するニュース

ルーキー・金刃憲人投手

23日夜にすい臓がんのため死去した巨人の希望枠ルーキー・金刃憲人投手(22)=立命館大=の母・裕美さん(享年54)の通夜が25日、兵庫県尼崎市内の斎場でしめやかに営まれた。
 最愛の母はもういない-。金刃の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。「がんになってからも心配してくれたし、朝早くお弁当を作ってくれたりもして…」。数々の思い出が脳裏を駆け巡る。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000012-dal-base

すい臓がんに効く薬

すい臓がんに効くSSM

すい臓がんに効くSSM

SSM(Specific Substance MARUYAMA。通称「丸山ワクチン」)

「日本では」未承認ではありますが、厚生労働省より、
半永久的な有償治験薬の許可を得ておりますので、
手続きを踏めば、問題なく使用できます。

結核菌熱水抽出物を使用した、
免疫療法剤ですので、体力の低下を招くこともありません。
「ただの水」「気休め」という人もいますが、大きな誤解です。

連邦食品医薬品局(FDA)の認可は受けていますし、
世界各国が認めている、唯一の特効薬です。
(日本で認可されないのは阪大教授と日医教授が揉めた為)。
成分は、「アンサー20注」とまったく同じです。

重篤な副作用例はなく、安全性は確かです。
(研究:日本医科大学/製造:ゼリア新薬工業)

すい臓がんに効く薬

D−12

「免疫療法」というものを行っている病院もあります。

「アガリスク茸」なども良いと聞きます
キノコ系だけを服用していると免疫枯渇現象が起きてしまうため

ハーブ系の「イムノアシストD−12」を併用すると効果的です。

また「液体サメ軟骨エキス」などもあります。

「D−12」はコンフォート病院(横浜市)の宇野克明理事長等

の研究によって明らかになりガン学会でも発表されたそうです。

そのような健康食品を使用する際には一度主治医に確認を取ってくださいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。