がんに関するニュース

損賠訴訟:子宮がんで女性死亡、医療法人の過失認める−−地裁が賠償命令

◇3800万円の賠償命令
子宮がんで死亡した福岡市の女性(当時29歳)の夫と長男が、診察した診療所を経営する医療法人「愛育会渡辺産婦人科クリニック」(渡辺忠義理事長)を相手取り、約7850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、福岡地裁であった。野尻純夫裁判長は、診断時に子宮がんの検診を怠った過失と死亡との因果関係を認め、医療法人側に約3840万円の支払いを命じた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000246-mailo-l40

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。