すい臓がんの特徴

すい臓がんの特徴

すい臓がん症状は、腹痛、体重減少、
黄疸などの症状が特徴的です。
また悪寒や嘔吐、下痢、便秘なども多く見られます。

その原因は不明ですが、喫煙、飲酒の習慣があり、
また脂っこい食事を好む40〜70歳代
の人に発病する傾向があると言われています。

すい臓は、胃、十二指腸、肝臓、脾臓、胆のうといった、
多くの臓器や門脈と呼ばれる
大きな血管に隣接しているため、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです

現在でも、日本では毎年2万人以上、
このすい臓がんで命を失っています。

がんに関するニュース

DNA修復 助ける酵素

放射線などで切断、欠損したDNAの初期段階の修復に重要な役割を果たす酵素を、京都大医学研究科の武田俊一教授、園田英一朗助教授らのグループが確認した。がん治療の効率化につながる知見という。米科学誌「モレキュラーセル」で10日、発表した。
 ■初期段階で働き
 武田教授らは、酵母のDNA複製時に補助的に働く酵素「UBC13」の機能を、ニワトリのリンパ球を用いて調べた。
 UBC13がない細胞は、切断されたDNAの修復に2倍以上の時間がかかり、放射線照射で死滅する確率が高かった。修復するためのタンパク質が切断部に集まらなくなっており、修復の初期の段階で働いていることが分かった。人の細胞でもDNAの修復能力が低下することを確かめた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000009-kyt-l26

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。