がん

がん

がんになる人の確率は江戸時代には8,000人に1人と言われていました。
20年前には10人に1人、現在は約3.5人に1人と驚異的に増えています。
毎年46万人の人が新たにがんにかかっています。
がんはいつ誰がかかっても不思議ではない病気となり、
日本の死亡原因の第1位になっています。


がん治療には現在、外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、
放射線療法が三大治療法として行なわれています。
現在第四の療法と言われる「免疫療法」が注目されている。

免疫細胞治療とは、
身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やしたり、
機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療で、
副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(1) | がん

すい臓がん予防

すい臓がん予防

すい臓がんの検査には、血液検査、画像検査、
内視鏡検査、などがありますが国立がんセンターでは、

1滴の血液で、
すい臓がんを発見できる診断法があります。

その内容は、
すい臓がんの患者の血液に含まれる4種類
のたんぱく質量が微妙に変化していることから、
これをがん診断の指標にしています。

早期がんも含めて90%
以上の高精度で判別ができます。

また日常的にキノコ類を取るとがんの予防や術後の再発防止
にある程度の効果が期待されます。(シイタケからのレンチナン、
スエヒロタケからのシゾフィランなどががん治療薬として患者に
注射されます。)

すい臓がんの症状

すい臓がんの症状

すい臓がんの症状

初期におけるすい臓がんの症状はほとんどなく、
早期に発見をするのは極めて難しいがんです。
症状があっても食欲不振やだるさ、体重の減少などで、
胃腸の調子が悪い程度のものと見過ごしてしまいがちです。

膵臓は大きく分けて@膵頭部A膵体部B膵尾部
の3つの部分からなります。

膵頭部の癌なら胆道を圧迫することにより比較的早期
に黄疸が生じてくることがありますが、
膵体部や膵尾部の癌は自覚症状が出にくく、
かなり進行してから腹痛、腰痛、
体重減少などで見つかる場合が多いです。

膵臓の病気でよくあるものは、
膵石かアルコールに起因する急性膵炎、
アルコールによる慢性膵炎です。
ただ、膵臓の炎症は酒を飲まなくても、
また石がなくても生じる場合があることは知っておいてください。

早く安全に見つけるためには定期的な腹部エコー検査
しかないと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。