すい臓がんの特徴

すい臓がん

すい臓のまわりには、重要な臓器があります。
血管が多くあります。ですから、すい臓がんは、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです。
すい臓がんはかつて、日本ではあまりみられませんでした。
しかし、食生活の変化によって、
すい臓がんそのものの発生数が増えています。
慢性肝炎や膵石症、
あるいは糖尿病などの関係があるとみなされるようになっています

がんに関するニュース

損賠訴訟:子宮がんで女性死亡、医療法人の過失認める−−地裁が賠償命令

◇3800万円の賠償命令
子宮がんで死亡した福岡市の女性(当時29歳)の夫と長男が、診察した診療所を経営する医療法人「愛育会渡辺産婦人科クリニック」(渡辺忠義理事長)を相手取り、約7850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、福岡地裁であった。野尻純夫裁判長は、診断時に子宮がんの検診を怠った過失と死亡との因果関係を認め、医療法人側に約3840万円の支払いを命じた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000246-mailo-l40

すい臓がん予防

すい臓がん転移のルート

血液からの転移・・・・・門脈を通して肝臓や肺・最終的に骨・腎臓・脳へ
リンパからの転移・・・・腹膜播種や十二指腸など
浸潤による転移・・・・・十二指腸・横行結腸・総胆管・門脈・脾静脈へ

タバコを一日10〜20本喫煙し肉食が好きな人が、黄疸が出てきて糖尿病といわれた方

病院の血液検査で、アミラーゼが高いとされた方
   
子宮筋腫や、卵巣手術を受けた女性が、数年後に上腹部背部痛が出るようになった方

アルコール多飲者が急激に食欲なくなり、体重が減った方

すい臓がんにかかる危険性の高い人です

がん

がんは遺伝子の病気

人間の体は60兆個の細胞から成り立っていると言われています、
たくさんの情報が書かれた「DNA」が各細胞の核の中にます、
このDNAに書かれた情報のひとつひとつを「遺伝子」といいます。

 がんとは、正常な細胞の遺伝子が変異を起こして、
がん細胞に変わり、細胞増殖のコントロールがきかなくなって、
勝手に増え続けてしまう病気です。

 現在、がんの種類は200種くらい発見されています。
細胞のがん化は遺伝子に異常が生じることで起きますが、
親から子へ受け継がれる遺伝性の病気とは違います。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(0) | がん

がんに関するニュース

<大腸がん>検診受けると…死亡する率半分に

検便による大腸がん検診を受けると、大腸がんで死亡する率が半分程度に下がると推測されるとの調査結果が厚生労働省研究班(担当研究者=井上真奈美・国立がんセンター予防研究部分析疫学室長)の4万人規模の調査で出た。米国の専門誌に13日、論文が掲載された。
 今回の研究では90年に、岩手、秋田、長野、沖縄県に住む40歳から59歳の男女約5万4000人にアンケートし、過去1年以内に、便潜血検査(便に混じった血の有無を調べる検査)による大腸がん検診を受けたかを聴いた。
 回答した約4万2000人を、03年まで追跡調査。検診を受けていた約7000人は、受けていなかった約3万5000人に比べて、大腸がんで死亡した率が7割ほど低かった。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000056-mai-soci

すい臓がんの特徴

すい臓がんの特徴

すい臓がん症状は、腹痛、体重減少、
黄疸などの症状が特徴的です。
また悪寒や嘔吐、下痢、便秘なども多く見られます。

その原因は不明ですが、喫煙、飲酒の習慣があり、
また脂っこい食事を好む40〜70歳代
の人に発病する傾向があると言われています。

すい臓は、胃、十二指腸、肝臓、脾臓、胆のうといった、
多くの臓器や門脈と呼ばれる
大きな血管に隣接しているため、
まわりへ侵潤したり、移転がおこりやすくなります。
手術も難しく、死亡率の高いがんです

現在でも、日本では毎年2万人以上、
このすい臓がんで命を失っています。

がんに関するニュース

DNA修復 助ける酵素

放射線などで切断、欠損したDNAの初期段階の修復に重要な役割を果たす酵素を、京都大医学研究科の武田俊一教授、園田英一朗助教授らのグループが確認した。がん治療の効率化につながる知見という。米科学誌「モレキュラーセル」で10日、発表した。
 ■初期段階で働き
 武田教授らは、酵母のDNA複製時に補助的に働く酵素「UBC13」の機能を、ニワトリのリンパ球を用いて調べた。
 UBC13がない細胞は、切断されたDNAの修復に2倍以上の時間がかかり、放射線照射で死滅する確率が高かった。修復するためのタンパク質が切断部に集まらなくなっており、修復の初期の段階で働いていることが分かった。人の細胞でもDNAの修復能力が低下することを確かめた。

続きはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000009-kyt-l26

がんに関するニュース

乳がん治療

乳がん手術後の体調管理や、乳がん治療について医師ら専門家が話す「乳がんセミナーin滋賀」が10日、守山市のJR守山駅前のRise ville都賀山(ライズヴィルつがやま)で開かれる。心身ともにリラックスできるリハビリ方法などを知ってもらい、より快適な暮らしを目指す。乳がん専門医ら医師7人も出席して疑問に答える。
 つづきはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000240-mailo-l25

がん

がんの痛み

がんの痛みは患者さんによってさまざまです。
初期から痛みを感じる人もいれば、病状が進んでも
あまり感じない人もいます。

がんの痛みは侵害受容性疼痛と神経因性疼痛の両者が
関係していますが多くは前者といわれています。

がんの痛みの特徴は、完治しない慢性的な痛みであり、
安定期はなく進行に伴って増悪する。
複数の痛みがあって、食欲不振、倦怠感、不眠、呼吸困難など他の症状も伴う。
告知の有無に関わらず、不安や怒りなどの心理要因が随伴します。

末期のがん患者の約70%は主症状として痛みを体験する。
持続性の痛みが大半を占め、その痛みの50%はかなり強く、30%は耐え難い痛みで、
80%の患者は複数の痛みを抱えています。
| 東京 ☀ | コメント(0) | TB(0) | がん

すい臓がんの治療

すい臓がんの治療

すい臓がんの治療の中心となるのはやはり手術になりますが、
手術を行なっても5年生存率は10〜20パーセントしかなく、
また、1年以内に再発する率が非常に高いという特徴があります。

すい臓がんの手術は、広がり方によって、
部分的に切除と、全摘出があります、
すい臓を全部とってしまった場合、
体内でインスリンというホルモンを作れなくなってしまうため、
術後の患者は“糖尿病”になる人が多いです。

すい臓を摘出した後は、生涯インスリンと、
すい臓で作られる消化酵素を外から補わなければならなくなりません。

すい臓がんの化学療法には「ジェムザール」という抗がん剤などが
有効とされており、
これを手術のできない進行性すい臓がんの患者に投与することで、
延命効果を上げています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。